幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 05日

シアターX公演「母アンナ・フィアリングとその子供たち」

シアターX、二年がかりのブレヒト演劇祭「母アンナ・フィアリングとその子供たち」を観る。大小さまざまなトランクを使った演出、装置と衣装に工事現場のイメージを重ねた。舞台センターの天井からつるされたロープに、トランクをつけて、遊園地の遊具のような風情で俳優が舞台をぐるぐるまわり、家族の旅路を表現する。好きな演出だった。そのロープは、ラストおしの娘が町に警告するために屋根に上って太鼓を叩くシーンの、屋根にもなる。兵士に撃ち殺された娘はそこに逆さづりに状態になる。劇的なシーンだった。ダンス、音楽と空間に嗜好凝らした仕掛けが満載で空間は充実しているが、その分、この作品のテーマでもある母という実態がもうひとつ浮かび上がってこなかった印象。吉田日出子さんが母を演じる。

d0003835_1945754.jpg

[PR]

by yugikukan | 2005-04-05 23:31 | 演劇 


<< 劇団東演公演「フィラデルフィア...      前進座公演「息子 玄朴と長英」 >>