幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 18日

和合亮一「詩の礫」の舞台、南相馬市に行く

詩×劇公演を控え、一度行かなくてはと考えてた南相馬行。

しかし、「公演のため」という但し書きのついた被災地訪問には、後ろめたいものがあり、躊躇していた。

いったいこの事態を表現者としてどう受け止め、そしてどういったことが表現可能なのか、考えていた。

東京に住む私に南相馬市を語る資格などあるのか。

そんな折、南相馬に住むかつての生徒から連絡があった。

快活な奴だったが、その元気がなく、風邪をひいたといっていても、どうもそればかりではないような気がした。

電話で話した後、私と話して「元気が出た」とメールがきた。

「詩の礫」を読み、感動したとも。

東北の災害を考えるに私に出来ることはあまりにも小さい、ないに等しい。

しかし、そこにいる不特定多数の方々には無力であっても、知人ひとりは勇気づけることぐらいなら出来るのではないか。

ともかく行ってみよう、南相馬へ。

「今私が行くと観光になっちゃうよ」

「観光でもいいから来てほしい」

「わかった、じゃあとにかく行ってみる」

というわけで日曜日の早朝、わが愛車ワゴンRで遠路、福島南相馬市へと向かう。
[PR]

by yugikukan | 2011-05-18 07:18 | 日記


<< 南相馬市に行く 2      突然の訃報 >>