人気ブログランキング |

幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 04日

「つぶやきと叫び」稽古はあと一日

7月3日から3日間、下北沢の東演パラータという小劇場で最後の仕上げの稽古をしています。

地震から約4か月弱経過しましたが、これまではまさに激動の日々でした。

余震の続くなか、演劇そのものがどうなってしまうのか、続けることなどできるのか、そういったパニックに襲われた時期もありました。

放射能の報道に生きた心地がせず、空気を吸うのさえ、水を飲むのさえ、警戒しなければならなくなった日々。

そして、和合さんの詩を読んだ時の衝撃、そして、それを舞台にしたいという衝動。

まるで憑りつかれたように、企画を立ち上げ走り続けて、もうゴールのテープが見えるところまで来ています、たぶん。(最後まで油断はできません)

あとはがむしゃらに駆け抜けるだけです。


「詩の礫」の完全演劇化といってもいいような、忠実でありながら大胆な構成で、きっと皆さんの心に届く作品になったと思います。

チケットはまだあります

ひとりでも多くの方にお越しいただくことを願います。

7月7日は七夕です。

皆さん、劇場でお会いしましょう。



お問合せ・ご予約は、

tsubuyaki_sakebi@yahoo.co.jp

まで。

あるいは、遊戯空間ホームページをご覧ください。

by yugikukan | 2011-07-04 21:54 | 日記


<< 「つぶやきと叫び」初日の朝      「つぶやきと叫び」追い込み稽古... >>