幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 23日

来月もまた

【今週の観劇作品】

8月20日(土)フェニックスプロジェクトvol.3『プレイ・リーディング 石棺』作:ウラディミール・グバリョフ 訳・演出:青井陽治(マイケル・グレニーの英語版に拠る)出演:水谷八重子、久野綾希子、新井康弘、松田洋治、田口守 ほか 於:笹塚ファクトリー


事実は覆い隠せないーもう、チェルノブイリのことは忘れて良いのじゃないかと言う人々がいる、もっと大事なことが、我々の注意を向けよと求めているのだから…
「いつまでこの悲劇を嘆き続けろと言うのだ?」
更に悪いことには、チェルノブイリについて真実を隠そうとする人々もいるーいや、嘘をつこうとする人々さえ。しかし、嘘が必要なのは、自分の仕事に全うできない人、自分の無能と臆病を隠さなくてはならない人たちだ。
チェルノブイリを繰り返さないための道はただ一つ。何が起こったのか、包み隠さずに真実を告げ、悲劇の原因について、精密に分析することーそして、罪人たちを逃がさないことだ。潔い真実以外に、我々に、未来の道を示すものはない…

これは『石棺』の作者の発言です。

この言葉が今回の原発事故に全く重なることに驚きと失望を感じざるを得ません。

悲劇は繰り返されてしまったのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『継志ー板橋での戦争を語り継ぐ』が終わりました。
板橋の区民の皆さんとのコラボレーションは大変意義のあるものでした。
来年以後の継続を望む声が打ち上げの席で多く上がっていました。

なかには舞台に立つことの魅力を知ってしまい、もう一度やりたいと言っている方もおられるようです。
「役者と乞食は三日やったらやめられない」とよく言いますが、今回の本番も三日間でした。
なるほど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本演出者協会の国際演劇交流セミナー「スイス特集」が22日月曜日に始まりました。
一つの課題作品を8人の演出家が、ブレインストーミングという形で、演出方法を検討していくという大変ユニークな企画です。
初日には演出プランのプレゼンが行われ、8通りの演出プランが示されました。
課題の戯曲をどう読んだか、そしてそれをどうやって立体的にしていくのか、稽古での課題などが、8人の演出家によって提示されました。それぞれ違った視点が示され、同じ作品でも演出家の包丁さばきでずいぶん違うものだと実感しました。演出プランの提示は、スタッフに向けて、また稽古場でも私も演出をする以上、いつも行うものですが、あまり他人のプレゼンに接する機会がありませんので、大いに参考になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来月、昨年に続き、中津川で地歌舞伎コラボレーション企画をやります。
今年の課題は『仮名手本忠臣蔵』!
しかも全段通しです。
歌舞伎でも丸一日かかる演目を二時間でやってしまおうと思います。(無謀ですが)
来週から稽古に入る予定。
今、準備に大わらわです。

こちらの情報は「日本演出者協会」のホームページをご覧ください。
[PR]

by yugikukan | 2011-08-23 08:36 | 日記


<< 夏の終わりに      初日! >>