幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 08日

ここ一か月を振り返る

【今週の観劇作品】

5月6日(日)授業フェスティバル公演『授業』作:イヨネスコ 於:神楽坂ディプラッツ 
3月25日(日)『魔笛』演出:ピーター・ブルック 於:さいたま芸術劇場
 

『授業』公演が終わった。
千賀ゆう子企画での二度目の演出、そして、二度目の出演。

そして、いよいよ『隅田川の線香花火』の稽古が来週始まる。

この数か月、演出というものについて、あらためて考えさせられるような稽古が続いた。
それは、普段作業をする現場とは違ったルールのもとに作業をしなければならなかったからだ。

雑感。

演出家のもつ決定権とは何か。

演出は現場で様々な問題に決断を迫られる。しかし演出家の担う決定権が現場で機能しなくなった場合、現場は秩序ある進行を継続できるかどうか。それは難しいと言わなければならないだろう。

言い換えれば、演出家がすべき準備を怠ってはならない、ということかもしれない。

戯曲に対する理解、そして、戯曲に対するアプローチの方法、そしてその具体的な作業行程、これらが、確実に準備され、参加する俳優、スタッフの理解を得なければならない。

そうでなければ、演出家が決定権を持つことの意味合いがなくなってしまう。

また、演出家は時間の管理を徹底しなければならない。

公演というものは、初日という、現場サイドからすると、締切と呼んでいいものがある。
締切に如何に間に合わせるか、これも演出家が充分な準備をしてはじめてできるものだ。

しかしすべての作業は日程通りに進行するわけではない。
なんらかのアクシデントで稽古ができないということもありうるからだ。

そういったことにも配慮した危機管理が求められる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『授業』フェスティバルに参加して思うこと。

翻案というものはどういったことなのか。

演劇を誰に届けようとしているのか。

オリジナルとの距離感。

『授業』を知らない観客に対してはどうアプローチすべきか。

テキストの持っている言葉の力を俳優の身体パワーの引き金にできるかどうか。

言語論にこそ、こだわった作業をしなければならないはず。

言葉の力を上回る身体言語を提示できているかどうか。
オリジナル作品の身体表現による矮小化は避けなければならない。

などなど、雑感。
[PR]

by yugikukan | 2012-05-08 11:34 | 日記


<< 遊戯空間稽古初日      震災後、一年・・・ >>