人気ブログランキング |

幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 09日

タイトル変更 詩集のお礼申し上げます

いつもこちらにおいでくださる皆さん、お運び頂きありがとうございます。内容を一部変更します。観劇の記録にとどまらず、幅広く、わたくしの日々の雑感を書き留めようと思います。これからもよろしくお願いします。

d0003835_8131415.jpg
月曜の朝、詩人の今井義行氏より、詩集「ほたるの光」「オーロラ抄」と公演の感想文が届きました。

d0003835_8133719.jpg

d0003835_8135093.jpgd0003835_814477.jpg公演期間中にも、渡辺めぐみさんに「光の果て」、枝川里恵さんに「短篇アンソロジー 夢」と、素敵な詩集や散文集をいただきました。どうもありがとうございます。詩集というのは、読むというよりも書いたその方と、文字に目をうつしている時間、お付き合いするという感じですね。これからゆっくり読ませていただきますよ。


月曜日は、板橋区の図書館が休館日なのですが、東板橋図書館は、第三月曜日のみがお休みで、他の月曜日は開館しているということが分かり、ちょっと得した気分になりました。読みたい本があったので、パイプいすに座り、3時間、一気に読破しました。実は、この本、ある方に依頼され、来年舞台化する予定です。いずれまた宣伝いたします。

夜は、新宿南口のルノアールで、「詩×劇 世界が脳になってしまったので少年は左に回らない」の遊戯空間メンバーでの合評会を開きました。今回の公演は企画段階で、結構もめたので、どうなることやらと内心ひやひやしていましたが、冷静かつ真摯な会合で、ほっとすると同時に、メンバーの成熟ぶりに、頼もしい心持ちが致しました。

by yugikukan | 2006-05-09 08:32 | 日記


<< 見果てぬ夢を見る前に      3月の観劇のなかから >>