人気ブログランキング |

幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 20日

ガス燈 夢の肉弾三勇士

午後、シアター1010で「ガス燈」を観る。三時間近くある長丁場をほぼ三人の役者(藤真利子氏、千葉哲也氏、大森博史氏、)で展開していく。前半の夫婦のやりとりは、心理的な芝居が続くので、広くて遠い観客席からは、おもしろさが伝わりきっていない感じがした。後半のサスペンスは楽しめた。妻役の藤真利子さんの不安定な精神状態の表現にやや物足りなさを感じた。ヒステリックになる部分がちょっと陽性な感じがして、多少違和感があったのかも。朝倉摂さんの舞台セットはリアルで豪華な中に、ジョーゼットを多用して、精神的なものを表出させていたように思う。ヒッチコックの「白い恐怖」や「めまい」のようなシュールな恐怖。

d0003835_2002737.jpg

夜、流山児事務所「夢の肉弾三勇士」、space早稲田。昼間に見たものとガラッと変わって、アングラ、小さな小屋、ひしめき合う役者、・・・。楽しめた。こういうのまだあったのかと、芝居を始めたころのことを思い出した。今の演劇は、いや社会そのものが閉塞状況にあることが、逆に感じられた。塩野谷氏が全開、りりしくも滑稽で、good!ただ全体的なこととして、時間軸をもたない作劇方法は、演出的な驚かせの連続になってしまい、途中で行き詰る。感覚的な刺激は、マックスのレベルに達すると、あとはその刺激に慣れてしまい、どんなに手を尽くしても、刺激が刺激的に感じられなくなってしまうからだ。
d0003835_201559.jpg


by yugikukan | 2005-03-20 11:50 | 演劇 


<< 座☆スティング公演「忘却」      女たちの薔薇戦争 >>