人気ブログランキング |

幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 10日

俳優座公演「春、忍び難きを」

9日(月)、俳優座公演「春、忍び難きを」を観る。昭和二十年八月からの数年を、山間の村の旧家で暮すの三人の女のモノローグで、季節の農作物や植物の便りと世相を交えながら進行していく。社会の変動がこの村にもゆっくりと足跡を忍ばせていき、戦前の人間観が変化してゆく。ドラマは、チェーホフの「桜の園」やシェイクスピアの「リア王」を思い出せるエピソードも。村の農業の様子を映像で見せ、場面転換でお神楽風の踊りが、大地に根ざした村の地域性を感じさせる。装置は、俳優座の舞台にいっぱい飾りで玄関と土間と上がり間を作っていた。立ちはだかる高い壁がパネルに着色しただけの状態。桟や柱や窓などで凹凸をつけて、装置にリズム感を与えれば、もう少しドラマが立体的になったのではないだろうか。のっぺりした壁を前に、俳優の演技が遠く感じられた。

d0003835_2052554.jpg


by yugikukan | 2005-05-10 22:12 | 演劇 


<< 「短編集 コレクティッド・スト...      ASC公演「リチャード三世」 >>