幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 25日

演劇倶楽部『座』公演 詠み芝居「鶴八鶴次郎」

24日、演劇倶楽部『座』公演 詠み芝居「鶴八鶴次郎」を観る。原作、川口松太郎 構成・演出、壌晴彦。新内語りの鶴次郎は、師匠の娘の鶴八と、舞台の上では当代一の名コンビ。喧嘩ばかりしているが、二人は秘めた恋心を抱いている。やっと一緒になれると思った矢先、意地を張り合い別れてしまう。嫁ぐ鶴八、落ちぶれていく鶴次郎。新派でも映画でもたびたび描かれている芸道ものの名作。それを語り、芝居、舞踊、そして、鶴賀若狭掾(人間国宝)の新内語りで見せる。充実の舞台。壌晴彦、金子あいのコンビも息が合っていた。
d0003835_810437.jpg

[PR]

by yugikukan | 2005-05-25 08:07 | 演劇 


<< 新国立劇場「その河をこえて、五月」      劇団えるむ・劇団民衆(韓国)合... >>