人気ブログランキング |

幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記( 203 )


2011年 08月 23日

来月もまた

【今週の観劇作品】

8月20日(土)フェニックスプロジェクトvol.3『プレイ・リーディング 石棺』作:ウラディミール・グバリョフ 訳・演出:青井陽治(マイケル・グレニーの英語版に拠る)出演:水谷八重子、久野綾希子、新井康弘、松田洋治、田口守 ほか 於:笹塚ファクトリー


事実は覆い隠せないーもう、チェルノブイリのことは忘れて良いのじゃないかと言う人々がいる、もっと大事なことが、我々の注意を向けよと求めているのだから…
「いつまでこの悲劇を嘆き続けろと言うのだ?」
更に悪いことには、チェルノブイリについて真実を隠そうとする人々もいるーいや、嘘をつこうとする人々さえ。しかし、嘘が必要なのは、自分の仕事に全うできない人、自分の無能と臆病を隠さなくてはならない人たちだ。
チェルノブイリを繰り返さないための道はただ一つ。何が起こったのか、包み隠さずに真実を告げ、悲劇の原因について、精密に分析することーそして、罪人たちを逃がさないことだ。潔い真実以外に、我々に、未来の道を示すものはない…

これは『石棺』の作者の発言です。

この言葉が今回の原発事故に全く重なることに驚きと失望を感じざるを得ません。

悲劇は繰り返されてしまったのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『継志ー板橋での戦争を語り継ぐ』が終わりました。
板橋の区民の皆さんとのコラボレーションは大変意義のあるものでした。
来年以後の継続を望む声が打ち上げの席で多く上がっていました。

なかには舞台に立つことの魅力を知ってしまい、もう一度やりたいと言っている方もおられるようです。
「役者と乞食は三日やったらやめられない」とよく言いますが、今回の本番も三日間でした。
なるほど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本演出者協会の国際演劇交流セミナー「スイス特集」が22日月曜日に始まりました。
一つの課題作品を8人の演出家が、ブレインストーミングという形で、演出方法を検討していくという大変ユニークな企画です。
初日には演出プランのプレゼンが行われ、8通りの演出プランが示されました。
課題の戯曲をどう読んだか、そしてそれをどうやって立体的にしていくのか、稽古での課題などが、8人の演出家によって提示されました。それぞれ違った視点が示され、同じ作品でも演出家の包丁さばきでずいぶん違うものだと実感しました。演出プランの提示は、スタッフに向けて、また稽古場でも私も演出をする以上、いつも行うものですが、あまり他人のプレゼンに接する機会がありませんので、大いに参考になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来月、昨年に続き、中津川で地歌舞伎コラボレーション企画をやります。
今年の課題は『仮名手本忠臣蔵』!
しかも全段通しです。
歌舞伎でも丸一日かかる演目を二時間でやってしまおうと思います。(無謀ですが)
来週から稽古に入る予定。
今、準備に大わらわです。

こちらの情報は「日本演出者協会」のホームページをご覧ください。

by yugikukan | 2011-08-23 08:36 | 日記
2011年 08月 19日

初日!

「継志―板橋での戦争を語り継ぐ」の初日です。今夜は雨模様なのが気になりますが、舞台の成功を願うばかりです。

そして今日は、かつて遊戯空間で活躍した故青木雪絵さんを偲ぶ「雪幻会」の日でもあります。初日が終わった後で、青木さんと関係のあった方々と亡き彼女を偲びます。それにしても、青木さんが亡くなってから、早いもので八年が経ってしまいました。


さて、稽古も追い込みだった去る8月15日に、板橋の空襲の痕跡を出演者と巡りました。

何気なく暮らしていた町のそこここに残る空襲の爪痕。

d0003835_10192017.jpg

                      4月13日の空襲犠牲者供養の地蔵

d0003835_10214752.jpg

                      天祖神社の被弾した狛犬

d0003835_1023893.jpg

                      6月10日の空襲犠牲者の地蔵(平安地蔵)



現在、マンション建設ラッシュの様相を呈してきた板橋ですが、このような歴史をもった町であることをしっかり心にとどめたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、この文章を綴っているパソコンは今までとは違う場所にあります。

先にお伝えした通り、長年住んでいた泉町から前野町に移ってきたのです。

窓の外に広々とした空が広がっています(今は豪雨なのですが)
d0003835_1175998.jpg
この部屋は三階ですが、周りは二階建ての民家が多いので、屋根の連なりを見ていると、なんだか屋根裏部屋にでもいるような錯覚に陥り、なかなか楽しい景観です。


さて、このように転居致しましたのには、理由があります。

皆さん、もうお気づきかもしれませんが、

私、篠本賢一は、来月、結婚致します。 (つづく)

by yugikukan | 2011-08-19 11:22 | 日記
2011年 08月 13日

お買いもの

金曜日、家電を買いに行く。

環八沿いのヤマダで、冷蔵庫と洗濯機を買った。

冷蔵庫は167Lのもの、洗濯機は容量5kgで洗濯層がステンレスのものを選んだ。ともに国産のメーカー。

そのほかに、東京電力、水道局、東京ガスに連絡し、転居してからすぐに使えるように準備もした。

インターネット、電話、テレビは、板橋区内なので、引き続きJCOMというケーブル会社の設備を使う。

新しい住まいは、高台にある3階建てマンションの3階なので、とても見晴らしがいい。

窓から見える景色は、電線や高層ビルにさえぎられることなく、空が大きく見える。

自動車が通る道路から少し入ったところなので、騒がしい感じはしない。それどころか、目の前に木の生い茂った公園があるので、静かだ。桜も植えられている。来年はその桜を見ながら、ベランダでお花見ができそうだ。

来週から荷物を運び始める予定。

というのも・・・(つづく)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「継志ー板橋での戦争を語り継ぐ」の稽古も佳境に入ってきた。

ピアノ演奏の藤田佐知子さんの演奏、音響効果なども絡めた稽古が始まった。

あまり途中で止めずに最後まで通してみる。

もう少しつめなければならないシーンもあるが、最終的にはメリハリのある舞台になりそうだ。

もうひと踏ん張りしなければならない。
明日はスライド映写も絡めた稽古になる。

by yugikukan | 2011-08-13 20:52 | 日記
2011年 08月 08日

住めば都か 板橋

【今週の観劇作品】

8月5日(金)千賀ゆう子企画公演『平家を語る』~チェロとのセッションで語る「平家物語」原文の世界~ 構成/演出: 千賀ゆう子  出演: 加藤翠 木舘愛乃 清水周介 千賀ゆう子 笛田宇一郎(笛田宇一郎 演劇事務所) 村松真理子  楽士: 入間川正美〔チェロ〕
於:ストライプハウスギャラリー 



私は東京の文京区大塚で生まれた。10歳の時、埼玉県浦和市(現さいたま市)に移り、8年程いたが、そこを移って現在の東京板橋区泉町に来た。

ここに来たとき、父は48歳、今の私よりも少し若い、母は41歳だった。

移ってきてすぐに、進学はせず、演劇をやりたいと言って、父と大喧嘩をした。
一週間、話し合ったが、結局、父は首を縦にはふらなかった。それでも私は演劇をはじめた。

それからの私は演劇三昧、やがて妹は短大に通う。妹は、小中学校時代の同級生で東北大学に通う彼と遠距離恋愛をしていた。(それから10年ほどして彼らは結婚する)

板橋に来て数年後、父は体調を崩し仕事ができなくなった。

癌だった。

当時の癌は死刑宣告のようなものだったから、本人には告知せず、少し軽い病名にして、母が自宅で看護していた。

仕事は、退職はせずに、自宅療養ということにして長期休暇を認めてもらえた。
終身雇用が基本だったサラリーマンの古き良き時代ともいえよう。

陽のあたる居間の縁側で静かに庭を見ている父の姿が目に焼き付いている。

ある夜、父が吐血し、救急搬送され、そのまま入院した。

母、妹と私、家族三人交代で看病をしていたのだが、私が宿直のある夜、演劇を続けている私を、頑固一徹なところは親子だから似るんだな、と笑ってくれた。

それから、三か月ほど闘病したが、父は亡くなった。

親不孝なことに、私は父の臨終に立ち会えなかった。

その日私は、当番ではなかったので、ダンスの稽古場へ行き、稽古の後、仲間と軽く一杯やっていた。父が亡くなったのはちょうどその頃だったようだ。

当時は携帯電話がなかったので、緊急の連絡はつかない。母は自宅に何度も連絡したが、私を呼び出すことはできなかった。

ちょっと虫が知らせて、私が病院に電話をしてみると

「お父様は霊安室に行かれましたよ」

と看護婦さんに告げられる。

私は自宅に帰り待っていると、妹が病院から一足先に戻ってきた。

父の亡がらを妹と二人で待つ。

その間、ふたりでダビングしてあった映画を見ていた、ぼんやりと。

日が昇らぬ冬の朝、父が運ばれてきた。

正月は家に戻りたいと言っていた父だったが、それはかなわず、1月の下旬に無言の帰宅となってしまった。

サラリーマンとして生き、家族を養い、東京に家を建て、そして、その家にはわずか6年しか住むことができなかった父。

その無念はいかばかりか。

父亡き後、この家に私は母と二十年以上住んだ。

四十代だった母は、今は七十代になり、背中が丸くなって、ずいぶん小さくなった気がする。

はじめはどうもしっくりこなかった板橋だが、長く住んでいるうちに、いろいろな思い出ができた。楽しい思い出はあまり覚えていない。なぜか、悲しい思い出、切ない思い出の方がすぐに思い浮かぶ。

しかし、住めば都のたとえの如く、見渡せばなんともあか抜けない感じの板橋が、どうも肌に合ってきたのかもしれない。


突然だが、来週、私は転居する。


今住んでいる泉町からさほど離れていない前野町に。


というのも・・・〈つづく〉


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

劇団銅鑼主催公演「継志ー板橋での戦争を語り継ぐ」

稽古絶好調!

一般公募の「板橋区民のみなさん」チームが、劇団員を食うほどの存在感を見せはじめ、仕上がりが楽しみです。

この板橋でも戦争があった。

今では風化しつつある戦争の悲惨さが、体験手記を通して、痛切に実感できることでしょう。

それは、かの東北震災の現在とつながることが多いことにも驚かされます。

ぜひご覧ください。

チケットは、劇団銅鑼 tel03-3937-1101 fax03-3397-1103
板橋区立文化会館 tel03-3579-2222まで。

遊戯空間のホームページから、篠本に申し込んでも大丈夫です。

皆様のお越しをお待ちしています。

d0003835_21555194.jpg
d0003835_21561945.jpg


by yugikukan | 2011-08-08 22:03 | 日記
2011年 07月 30日

あっという間の一週間

【今週の観劇作品】
7月29日(金) オフィスN+ホリ・ヒロシ事務所公演「黄泉比良坂」~室内楽と人形舞の饗宴~ 
於:サントリーホール ブルーローズ


ヴァイオリン、コントラバス、パーカッションの室内楽に、ホリ・ヒロシさんの人形舞、能楽師のコラボレーション。ホールは演奏会仕様なのだが、素っ気ない環境のなかで、人形、能楽師、音楽が幽玄の世界を見事に現出させていた。

木曜日は、稽古終了後、急いで帰宅し、春に上演するはずだった「隅田川の線香花火」を、とある戯曲賞に応募するため、原稿を手直しした。諸所の事情で上演が果たせなかった作品だが、自分なり気に入っている。戯曲賞の選考委員がこれをどのように読むのか、興味がある。
応募〆切前日の郵送でギリギリセーフだった。


ところで近頃、何かと身辺が慌しい。
公私共にいろいろな出来事が続く。
一生の思い出になるような・・・。

あと数ヶ月で、五十歳になる。
織田信長の時代なら、もう寿命ともいえる年齢だ。

祖父も父親も五十代で亡くなっている。
私もいつの間にかそういった年齢になってきた。

この慌しさは、消える前の炎の燃えあがりか、はたまた、人生の絶頂の始まりか。

by yugikukan | 2011-07-30 00:28 | 日記
2011年 07月 27日

放射能がまだ降っています

「継志ー板橋での戦争を語り継ぐ」の稽古場での出来事。

作家の櫻井唯雲さんがガイガーカウンターを持ってきた。
知人に借りているとのこと。
d0003835_975267.jpg

劇団の庭で測定。
d0003835_982081.jpg

すると、「0.2マイクロシーベルト」が出る。

行政の発表よりもかなり高い数字。
確かこの日の新宿の数字が「0.05」ぐらいだったと思う。

実に4倍の数値なのだ。

しかも、「0.05」は大気中の測定値。
放射線物質は、地面に残留するから、「0.05」を鵜呑みにはできないだろう。

人間は地球上のどこに住んでいても常に放射線を浴びているし、人体は年間およそ2.4ミリシーベルトの自然放射線に常にさらされているといわれている。

また「0.2マイクロシーベルト」を24時間、仮に浴び続けると、1日あたり「4.8マイクロシーベルト」。それを年間に換算すると、「1752マイクロシーベルト」=「1.752ミリシーベルト」=「0.001752シーベルト」となる。

政府は年間20ミリシーベルトを基準にしているから、これは一見安全かと思われる数字だ。

だが、政府見解はさておき武田邦彦氏によると、学者の間では、年間1ミリシーベルトで、5000人にガンが発症するとのこと。

そうすると、先の計算の数値は大きめに見積もっているとはいえ「1.752ミリシーベルト」は十分危険な数値なのだ。



d0003835_1041070.jpg
昨日、毎日新聞夕刊に「つぶやきと叫び」の記事が出た。これはかの公演の演劇的側面が評価されたことになるのだが、その舞台で取り上げた問題はいまだに解決されていない。いや、人々の危機感が緩み始めている今、むしろ危険は忍び寄っていると思われる。

「つぶやきと叫び」は、舞台を作った関係者ならびに観客の皆様に、この事態を記憶するための心の楔(くさび)になっていると思うのだが、これからもその楔を胸中に秘め、世界を見続けなければいけない。

by yugikukan | 2011-07-27 09:54 | 日記
2011年 07月 25日

石の上にも三年か

昨日は一日中「板橋での戦争を語り継ぐ」の稽古。

13時から18時までの全体稽古で、手記を語る一人一人のシーンを細かくチェック。

夕方、舞台セットが運び込まれる。
鉄製の立方体が十数個。後日、塗装をして仕上げる。

舞台セット以外にも、本番では、スライド投影、藤田佐知子さんのピアノ演奏が加わる。
なかなか仕掛けの多い舞台になりそう。楽しみだ。

18時から21時まで抜き稽古。
プロローグのシーンをあたる。この場面は、キャリアのある俳優(50代)、キャリアのない俳優(ほぼ初舞台)、板橋在住のアマチュアの三名による掛け合い。

演出は、この異種格闘技のレフリーのような状態になっていた。


ところで、先週末より、新内の稽古を再開。

「つぶやきと叫び」の稽古のため、一か月ほどお休みしていたが、ようやく時間が取れるようになったので。

新しいことにチャレンジするのは楽しい。
だがそれをどう続けていくかが問題だろう。

まず毎日やること。稽古を習慣化できるかどうかがカギだ。
石の上にも三年のことわざの通り、ここは根性で乗り切るしかない。

さらに目標を設定することも大切だ。長期的なものと短期的なものと。
目標のない取り組みは、いずれ意欲が低下していく。
逆に目標(発表会など)があると、そこに向けて努力するので、レベルアップが図れる。

今は「蘭蝶」に取り組んでいる。今年中にはものにしたい。


今から日本演出者協会で広報部の会議。

by yugikukan | 2011-07-25 11:20 | 日記
2011年 07月 24日

板橋での戦争を語り継ぐの稽古

昨日、荒立ち稽古をしました。

台本を持ったまま、舞台装置のなかでどうやって動くのか、どこにいるのか、どこから出てきてどこに去っていくのか、などを確認しました。

全体の骨格が見えてきました。

今回の作品は、作家櫻井唯雲さんのお書きになった物語、板橋で戦争を体験された方々の手記、そして、ナビゲーター役が、かの戦争を解説する部分と大きく分けて3つの異なるシーンが織り重なってできています。

それをどうやって三次元の世界に構造化していくか。演出者篠本の腕の見せ所といえましょう。

今回の公演には、板橋在住の方々も出演者に多数加わって頂いていますが、皆さん熱心で、劇団員も真っ青です。

そして、戦争体験のない戦後生まれの私は、知らないことも多く、皆さんからのご指摘に日々勉強させて頂いております。

いろいろな要素が絡み合った舞台、どのようなものになっていくのでしょう。

今日もこれから稽古場に行きます。

by yugikukan | 2011-07-24 09:59 | 日記
2011年 07月 20日

板橋で戦争を語り継ぐ

【今週の観劇作品】

7月18日(月)日本舞踊協会主催新作公演『かぐや』於:国立劇場 
 舞踊(アート)と科学(サイエンス)のコラボレーションということでした。ジャクサの曽根理嗣さんの講演がとてもよかった。宇宙探査機「はやぶさ」にまつわる話、貴重でした。



現在、稽古中なのが、劇団銅鑼主催公演「継志ー板橋で戦争を語り継ぐ」です。

もう長い間住んでいる板橋ですが、かの大戦中、何度か空襲に見舞われました。
板橋は軍需工場などが多数あったため、攻撃目標になっていたようです。

1945年3月10日に東京大空襲がありました。

城東地区を焼き尽くしたあの空襲は、日本の木造家屋を狙った焼夷弾による無差別爆撃で、一夜にして10万人の死者、100万人の被災者を出しました。

それから66年後の3月11日に日本にまた悲劇が降りかかるのですが・・・

板橋は、1945年4月13日、6月10日に大規模な空襲がありました。


この戦争が終わる年、各地をおそった空襲には言葉を失います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「継志」台本より


空襲は軍需工場が主たる目標となっていたが高高度爆撃であったために精度が低く被害は限定的だったため、1945年1月に無差別爆撃を主張するカーチス・ルメイ少将がグアム島第21爆撃集団司令官への着任以降、無差別爆撃へと移行しました。その結果、日本のほとんどの主要な都市が空襲に遭い、東京は1944年11月14日以降106回、名古屋は63回、大阪は33回、神戸は128回もの空襲に見舞われました。
3月10日の東京大空襲の後も各地で空襲を受けています。

4月15日 川崎空襲 死者1000人
4月21日 鹿児島空襲、時限爆弾が投下され、その後一か月間、昼夜爆発を続ける。
5月10日 徳山大空襲。死者500人以上。
5月29日 横浜大空襲 、死者およそ1万人。
6月1日 尼崎空襲、死者231人。
6月10日 日立空襲 死者1200人。 千葉空襲、死者152人。同日は、板橋にも空襲、死者270人。
6月17日 鹿児島大空襲、死者2,316人。
6月18日 浜松空襲 死者1720人。
6月18日 四日市空襲、死者736人。
6月19日 福岡大空襲、死者902人。
6月19日 静岡大空襲、死者1952人、その後静岡は26回の空襲を受ける。
6月19日 豊橋空襲、死者624人。
6月22日 姫路空襲、死者341人。
6月22日 倉敷空襲、 死者11人。
6月22日 岐阜空襲、死者169人
6月22日 呉空襲、 死者1600人。
6月29日 佐世保大空襲、死者約1300人。
6月29日 岡山空襲、死者1737人。
7月1日 熊本大空襲、死者数469人。
7月1日 呉市空襲 死者3,700人。
7月3日 姫路大空襲、死者173人。
7月4日 高松空襲 死者1359人。高松市の約80%が焦土と化す。
7月4日 徳島大空襲 死者およそ1,000人、徳島市の62%が焦土と化す。
7月4日 高知大空襲 死者401人。
7月6日 千葉空襲 死傷者1,679人。
7月6日 甲府空襲 死者1,027人。
7月7日 清水大空襲
7月9日 和歌山大空襲 死者約1200人。
7月9日 堺空襲 死者1860人。
7月9日 岐阜空襲 死者約900人。
7月10日 仙台空襲 死者828人。
7月12日 宇都宮大空襲 死者628人。
7月12日 敦賀空襲 死者109人。日本海側初の空襲。
7月14日 北海道空襲 被害、北海道全土。
7月16日 大分空襲 死傷者のべ1193人。
7月16日 平塚大空襲  死者343人。
7月17日 沼津大空襲。
7月17日 桑名空襲。 桑名は7月24日にも空襲を受けた。
7月19日 福井空襲 死者1,576人。
7月19日 日立空襲 死傷者2,199人。
7月19日 銚子空襲 死傷者1,181人。
7月19日 岡崎空襲 死者203人。
7月24日 半田空襲 死者269人。
7月24日、28日 津大空襲 死者1,239人。
7月24日、28日 呉軍港空襲 死者780人。
7月25日 保戸島空襲(大分県津久見市)授業中だった保戸島国民学校を直撃、児童125人、教師2人が即死し、70数人の児童が重軽傷を負う。
7月26日 松山大空襲 死者・行方不明259人。
7月26日 平空襲
7月26日 徳山空襲 死者482人。5月10日の空襲と合わせて旧徳山市街地は壊滅。
7月27日 鹿児島空襲。
7月28日 青森大空襲 死傷者1767人。
7月29日 浜松艦砲射撃。死者177人。
7月29日 大垣空襲。死者50人、大垣城、開闡寺などが焼失。

東京は、4月13日に王子・赤羽地区を中心とした城北地域、翌15日には大森・蒲田地区を中心とした城南地域が空襲、機銃掃射を受け死傷者4004人、約22万戸もの家屋が焼失しました。さらに5月25日には、それまで空襲を受けていなかった山の手に470機ものB29が来襲し、皇居までも被災し宮殿が焼失したのです。これにより死傷者は7415人、被害家屋は約22万戸と3月10日に次ぐ被害となりました。 3月から5月にかけての空襲で東京市街の半分が焼失したといわれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本全土に徹底的な攻撃がなされています。

そしてこれは、地震津波のような天災ではなく、人の手によるものだということです。

by yugikukan | 2011-07-20 09:51 | 日記
2011年 07月 13日

明後日のBSフジで「つぶやきと叫び」が

7月15日(金)BSフジ、20:00~の生放送二時間番組プライムニュース「文学が大震災・原発事故の被害者に果たす役割」で、遊戯空間の公演の一部が紹介されるようです。

和合さんが出演し、震災と文学について語ります。
注目したいと思います。

と思いきや、丁度のその日の夜は、「つぶやきと叫び」の合評会(公演の成果、課題などを話し合う)です。いつもの銭湯の二階に集まります。番組はダビングしてあとで見ようと思います。

さて今日は水曜日。

先週の今日は「つぶやきと叫び」の初日でした。

充実した舞台だったので、一週間たった今もあまり精神的なストレスは感じていませんが、体は少々お疲れモードです。

それでも仕事は途切れません。
今日は午前中から午後まで三時間あまり、日本演出者協会国際部の会議でした。

先に行われたロシア特集の報告、八月のスイス特集、十月のポーランド特集の進捗状況などが話し合われました。

このところ国際部も若手や中堅の活躍がめざましいので、大いに刺激を受けていますが、ずっと演出者協会を支えてきたベテランの貝山武久氏が国際部を引退すると突然言いだし、驚きました。

皆で慰留しましたが、ご本人の意志は固いようです。

いつも暖かく若手にアドバイスしてくださっていた先輩でしたので、一抹のさびしさを覚えました。

時は移ろいゆくのですね。

by yugikukan | 2011-07-13 23:27 | 日記