幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:演劇 ( 37 )


2018年 09月 12日

シアターΧカイ提携公演『喪服の似合うエレクトラ』三部作通し上演

シアターΧカイ提携公演『喪服の似合うエレクトラ』 三部作通し上演  


作/ユージーン・オニール 翻訳/菅泰男 演出・美術/篠本賢一 

ドラマトゥルク/平辰彦 演奏/水野俊介(5弦ウッドベース)

アメリカ演劇の父、ユージーン・オニールの代表作『喪服の似合うエレクトラ』は、3部、13幕からなる大作で、アイスキュロスの書いたギリシア悲劇『オルステイア』(三部作)を下敷きに、南北戦争時代のアメリカ、ニューイングランドのマノン将軍家の、血のつながる同族の愛憎と葛藤を描いている。これは、オニールによるギリシア悲劇の翻案であり、人類普遍のテーマを見事に現代に復活させたドラマといえよう。オニールの評価が再検討され、オニールの新たな魅力が再発見される一役を担えればと思う。


2018年1027日()11時/17時 28日(日)13時開演 

劇場 東京・両国 シアターXカイ 

料金 当日6000円 前売5000円 学生3000円(全席指定 三部通し券)


出演/をはり万造 横尾香代子(演劇集団円)松川真澄(松川事務所)佐々木梅治(劇団民藝)藤田三三三 荒川大三朗 草野峻平 立花芽衣 春延朋也 坂口寿一 鈴木寿和(劇団かるがも行進曲)神保麻奈 青木恵(劇団櫂人)


チケット取り扱い

◆カンフェティ http://confetti-web.com/elektra

 フリーダイヤル 0120-240-540(平日10時~18時)

 ☎03-6228-1630(携帯・PHSからご利用の場合に)

◆M.B.Eプロジェクト

 ☎090-3474-7999(制作携帯)

 ✉info.mbepro@gmail.com


企画/M.B.E.プロジェクト 松川事務所 主催/一般社団法人遊戯空間

平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加公演



by yugikukan | 2018-09-12 11:09 | 演劇 
2015年 11月 10日

「全段通し仮名手本忠臣蔵」稽古開始!

11月9日(月)、「全段通し仮名手本忠臣蔵」の稽古が始まる。

本年で4年目を迎えるこの企画、今回も充実した舞台に仕上がりそうな予感を抱ける稽古初日となった。

メンバーのアンサンブルもバランスが取れている。
またひとりひとりのクオリティも高い。
若手も古典の文体によく馴染んでいる。頼もしい限りだ。

今回は、演出的に作品の骨格はあまり変更せず、俳優の発する声がより着実にドラマを生成しているかどうかを見極めていきたい。

4年前、まずは歌舞伎、文楽の全段を鑑賞し、それを基礎工事にして作業がはじまったが、上演を重ね4年目ともなると、俳優たちは意味のレベルではあまり抵抗を感じなくなった。それは俳優の体に言葉が浸透してきた、いわゆる「腹に落ちてきた」ということかもしれない。

そうなると、問題になるのは、俳優たちの対立、葛藤がよりリアルであるかどうかである。

様式のある文体を使って、他者とアクティブな関係性を築く。

ここには、文体をコントロールする自分自身へ向けた意識に加えて、他者への働きかけを意識したものが必要となる。

その働きかけがリアルであれば、言葉の意味を超えたドラマが立ち現れるだろう。

俳優は、内に向かう意識と外へ向かう意識を持たなくてはならない。

そしてまた、別の課題も加わる。

「地」の文体を如何に語るかである。

俳優は、対話を主にした台詞だけを発するのではない。
その行動を描写した「地」も合わせて語る。

それを実現するためには、「役を演じる」ということを対象化しなくてはならない。
役の情緒に振り回されることなく、常に客観性を保持しながら、役を操るという意識が必要なのだ。

物語の魅力を伝えること、そして、演技についての認識を深めていくこと。

豊穣な言葉の提示に留まらない、生き生きしたドラマの生成、そこに向けて稽古を深めていきたい思う。

by yugikukan | 2015-11-10 06:54 | 演劇 
2014年 02月 23日

2014年冬 近況走り書き

【最近の観劇作品】

1月12日(日)劇団解体社+テアトル・シネマ『ドキュメント ポストヒューマン・シアター2011-14』構成・共同演出:清水信臣+ズビグニェフ・シュムスキ 於:森下スタジオ

1月23日(木)名取事務所『運転免許 私の場合』作:ポーラ・ヴォ―ゲル 演出:小川絵梨子 於:下北沢「劇」小劇場

1月24日(金)俳優座公演『東海道 四谷怪談』作:四世鶴屋南北 演出:安川修一 於:俳優座劇場

1月30日(木)劇団キンダースペース公演『プラトーノフ』構成・脚本・演出・美術:原田一樹、於:シアターX

2月1日(土)千賀ゆう子企画公演『安吾を語る 夜長姫と耳男』作:坂口安吾、構成・演出:千賀ゆう子、於:ストライプハウスギャラリー

2月13日(木)tori studio Tokyo presents『朗読劇 父と暮せば』作:井上ひさし、演出:tori、於:Gallery Le DECO 

2月21日(金)泉鏡花×鳥山昌克公演『幻の絵馬』原作:泉鏡花、構成・演出:鳥山昌克、於:みみずく会館 


1月早々に「アナホリッシュ国文学」の編集長牧野十寸穂さんから泉鏡花特集の原稿依頼があった。1月中、久々に能のこと、泉鏡花のこと、そして、私の作ってきた演劇について振り返る時間が持てた。3月下旬に発行予定。

劇団櫂人旗揚げ公演が、10月に上野ストアハウスで行われることに決定。演目は、イヨネスコの「犀」。ところが、旗揚げ公演の前に一本公演が決まってしまった。依頼があって二本立て上演の一本を担うことになるのだが、「怪談牡丹燈籠 お札はがし」を上演することに。もう一本は、和田幾子氏演出の「文七元結」。ともに円朝ものなので、公演のタイトルが「圓朝弐題」となる。急きょ決まった公演だが、楽しみである。(4月12日・13日 西荻ターニング)

シニア演劇でご一緒した方がお二人、この2月に亡くなった。
一人は、劇団ジーバで活躍が期待された男性。ガンの治療中であった。もう一人は、昨年、「マクベスの妻と呼ばれた女」で、一番若い女中の役をやった女性。彼女は、四〇代で、虚血性心疾患による急死だったらしい。演劇の仲間が亡くなるのはとても寂しい。ご冥福をお祈りします。

日本演出者協会の近代戯曲研修セミナーで、森本薫を勉強している。「女の一生」「怒涛」といった後期の長編ではなく、ラジオ・ドラマ3本が課題戯曲に。心理の交錯する台詞劇。リズミカルで洗練された文体。森本薫の魅力がじわじわと感じられてきた。戦争の時代に戯曲を書き続けたが、戦争が終わる1946年に逝去。生きていたらどんな傑作戯曲を残しただろう。セミナーのゲストに大笹吉雄氏、小林勝也氏、西村博子氏らが参加。充実した研修が続いている。

5月に行われる小林拓夫企画の藤沢周平作品のリーディング公演の稽古も始まっている。リーディングとはいえ、かなり立体的な作品に仕上がりそうだ。北斎と広重の話。浮世絵が題材になっているので先日、大江戸博物館の「大浮世絵展」に足を運ぶ。日曜だったせいかどうかわからないが、超満員。浮世絵の人気の奥深さを見た。

3月下旬のテアトルアカデミー舞台演技クラスの発表も控えている。半年の稽古の成果を問う今回の作品は、清水邦夫の「楽屋」。この作品の完成度の高さをあらためて知る。世に演劇がある限り、女優が存在し続ける限り、この作品は、上演されるであろう。普遍的な作品、時代の流れの中で色あせない戯曲だと感じた。

5月に演出者協会国際部のメンバーと座内研修として、スタニスラフスキーの勉強会を行うことになった。1990年に出たロシア語版により、スタニスラフスキー研究はさらに進化しているようだ。「俳優の仕事 第三部 俳優の役に対する仕事」を課題にする予定。演出作品において俳優とのコラボを見直す契機にもなりそうだ。ここらでもう一度、初心に帰るということか。

現在、3本の作品を演出する日々、充実していないはずはない。

by yugikukan | 2014-02-23 16:21 | 演劇 
2012年 11月 01日

めまぐるしき最近の動向

【観劇作品】

8月31日(金) ZORA公演『蜘蛛女のキス』作:マヌエル・プイグ、演出:扇田卓也(ヒンドゥー五千回)、出演:坂本容志枝、吉村恵美子 於:新宿サニーサイドシアター 

9月3日(月)花之雲右團治一座『人情噺 文七元結』原作:三遊亭圓朝、脚色:竹の家すずめ、出演:林家正雀、桂右團治、ほか 於:国立演芸場

9月22日(土)アジア・ミーツ・アジア『Unbearable Dreams6~Hope and 狂人日記』 於:プロトシアター

10月5日(金)『シベリア』原作:小松重男 脚色・作詞・演出:福田善之 出演:佐藤銀平/野々村のん/久松夕子/渡辺聡/長尾稔彦/小林亜紀子/橋本千佳子/飯島真弓/柳亜耶/菅原奈月/溝口明日美/観世葉子/早野ゆかり/福原圭一/ふじたあさや/児玉泰次/前田昌明/平田広明 於:代々木能楽堂


篠本・関連作品

◆9月2日
文月レイバレエスタジオ発表会『ジゼル』・・・出演 於:熊谷会館

10年前の「ヒラリオン」に続き今回は「クールランド公」を演ずる。

◆9月14日
日本演出者協会主催「近代戯曲研修セミナー」作:菊谷榮、演出:智春『最後の伝令』・・・出演と演出助手、並びにプロデュース 於:芸能花伝舎

昭和の喜劇王エノケンこと榎本健一の劇団で劇作を担当。モダンな作風で喜劇・レビューに新境地を築いた菊谷榮の代表作を研究する。

◆10月2日 
テアトルアカデミー 舞台演技クラス発表会 作:フェデリコ・ガルシア・ロルカ『リーディングドラマ ベルナルダ・アルバの家』・・・演出 於:本館Aスタジオ

ロルカの三大悲劇をリーディングドラマで。ロルカ作劇の心理の掘り下げは激しく、確かなものだった。
リーディングによって、このドラマの構造を視覚化する。
d0003835_10463084.jpg


◆10月25日
『夕日の耳~室内オペラと能楽が織りなす幽玄の世界』・・・演出 於:サントリーホール ブルーローズ

オペラと能、新たなコラボレーションの可能性を探る
d0003835_10303584.jpg
d0003835_1049416.jpg
d0003835_10485224.jpg


9月10日に長男誕生。剛宏(たけひろ)と命名す。
d0003835_10413272.jpg


by yugikukan | 2012-11-01 00:00 | 演劇 
2012年 08月 17日

猛暑続く

【最近の観劇作品】

7月13日(金)演劇集団円公演『ガリレイの生涯』作:ベルトルト・ブレヒト、演出:森新太郎 於:シアタートラム

7月22日(土)SENDAI座project公演『ハイライフ』作:リー・マクドゥーガル、演出:伊藤み弥 於:space早稲田 

8月4日(土)劇団銅鑼公演『遺骨』原作:内田康夫、脚色・演出:平石耕一、於:劇団アトリエ


6月に遊戯空間『隅田川の線香花火』、7月に『現代舞踊展』、8月に東日本復興勧進今申楽『風』と続いたこの三か月でしたが、毎日の稽古場通いからほんの束の間解放されています。

8月より、東上線中板橋駅そばに、稽古場「アトリエそら」がオープン。
演出を担当している劇団櫂人と遊戯空間で使用し、外部貸し出しは基本的にしないプライベートな空間である。ここをこれからの演劇創造の拠点としていきたい。

9月は、バレエ「ジゼル」、演出者協会主催・近代戯曲セミナー菊谷栄作「最後の伝令」の演出助手ならびに制作など課題が山済みである。

by yugikukan | 2012-08-17 10:30 | 演劇 
2010年 12月 10日

稽古がはじまり

【今週の観劇作品】

12月2日(木)好村俊子プロデュース〈鷹〉公演『幽玄の世界への誘い No.2』作:三島由紀夫(近代能楽集) 演出:小林拓生 於:近江楽堂 

「真景累ヶ淵」の稽古も十日が過ぎました。大作なだけに稽古も大変ですが、出演している俳優のチームワークはなかなかいいので、今後の展開が期待できます。

5日(日)は稽古が休みでしたが、再び茨城県常総市の法蔵寺へ、今度は皆でお詣りに行きました。
女優A曰く「三日分生きた」ような中身の濃い一日でした。

 

by yugikukan | 2010-12-10 08:26 | 演劇 
2010年 11月 29日

真景累ヶ淵稽古開始

【今週の観劇作品】

11月22日(月)アリストパネスカンパニー公演『タイピンにおける死』作・演出:黒川欣映 於:スタジオAR

11月26日(金)P-カンパニー公演『アリスの帽子屋さんのお茶会』作:別役実 演出:小笠原響 於:スタジオP


もっと観たい芝居があったのですが、稽古開始直前で不義理をたくさんしてしまいました。残念。

28日(日)2010映画甲子園の審査をする。全国の高校生の製作した映画が集まり、優秀賞を決める。高校生の瑞々しい感性に感動した。初心忘れるべからずですね。

そして、いよいよ29日から遊戯空間公演の稽古がはじまります。
d0003835_1163570.jpg
d0003835_1171982.jpg


by yugikukan | 2010-11-29 01:17 | 演劇 
2008年 10月 05日

私たちの立ち位置

「天守物語」は、
終戦後の1951年の新派公演、花柳章太郎、水谷八重子主演、伊藤道郎演出(千田是也との共同演出)からはじまって、
55年、岡倉史郎演出、中村歌右衛門主演の歌舞伎、
60年は、宝塚歌劇団、
74年は、戌井市郎演出、杉村春子主演の文学座、
76年は、新劇と能役者による観世栄夫演出、観世静夫、吉田日出子主演、
77年、坂東玉三郎主演、増見利清演出、
83年には、辻村ジュサブロウの人形劇、
83年は、日本オペラ協会によるオペラ公演、
89年は、後藤加代主演、渡辺守章演出、
96年、宮城聰演出、ク・ナウカ公演など、あらゆる舞台の表現ジャンルで舞台化されている。

そんな生命力を持った戯曲を他に知らない。

ここに挙げたのは、各ジャンルの初演の公演で、再演や規模の小さなものを含めたら、もうどれくらいあるのか想像がつかない。

この戯曲には、作り手にとって、表現の様式の可能性を広げる限りない魅力があるのだろう。

ところで、日本の演劇界は、世界の演劇界とはやや異なった特殊な状況におかれていることは、ここ数十年、さまざまな場所で問われてきた。

それは、伝統との断絶という問題だ。

イギリス、フランス、ドイツなど、歴史のある演劇を有している国の俳優は、伝統芸能専門の役者と現代劇専門の役者に分業していることはあまりない。イギリスの役者は、シェイクスピアの韻を踏んだセリフを朗々と語りもするし、不条理のベケットもやる。シェイクスピアしかやりません、というのはない。フランスにおいてもラシーヌ専門役者などという言い方はしないのだろう。

ところが日本では、その垣根が最近では低くなってきつつはあるものの、その役割分担は以前として残っている。もちろん、歌舞伎や能狂言は世襲制が中心だから、我々がそこに加わるのは、とても難しい。ただ、現在の若い世代の演劇人にその断絶の意識がどこまで残っているのかは不明だ。

「子午線の祀り」の作家木下順二先生はこんなことを言った。
「様々なジャンルの演劇人を一堂に集めお互いにその方法を盗みあい高めていき、演劇の世界にできている垣根を壊し、一つの大きな世界を築いていくこと。」
能狂言、歌舞伎、浪曲、新劇、さまざまなジャンルの俳優が集まり、共同作業をし、初演から30年過ぎようというこの公演。前回の04年の公演では、小劇場、アングラの世界からも多数出演し、その可能性をさらに広げていたと思う。

日本では歴史上、明治維新と、太平洋戦争の敗戦後の米国の占領政策の二度にわたって、伝統的な文化の破壊がなされ、歴史が分断されてしまった。

日本の土壌に生える文化の木は引き抜かれ、西欧の新たな接木が日本の土壌に植えられた。

科学の進歩による近代化の波も、そのような状況を加速させている。

そして、その問題は、芸能に限らず、日常生活にも現れている。

かつて木と紙の文化によって自然との共存を果たし、四季折々のなかで育まれていた日本人独特の感性は、コンクリートの街並み、インターネットの電子メールからは望むべくもない。

畳に正座をしない、きゅうすでお茶を飲まない、筆で手紙を書かない・・・。

そうした状況の変化は、加速の一途をたどっている。

現代、環境だけではなく、心もじわじわ破壊されているのではないだろうか。

インターネットを使えば一瞬のうちに世界中に声が届くようになった。

しかし、隣に住む人間がいったい誰なのかますますわかりにくくなって、肉声を交す相手を失った孤独感がトラックを暴走させてアキバのホコテンに突っ込んでいく現代。

遊戯空間の「天守物語」はそれらの状況を見据えた、文化的根っこを失った現在の私たちが、身体の中にかすかに残る日本の文化的な記憶を手がかりに、痩せて貧弱な裸をさらしながら、つくりあげるものになるだろう。

それが私たちの立ち位置かもしれない。
d0003835_13362795.jpg
      小村雪岱画 「日本橋」

歴史の分断の問題は、お隣、朝鮮半島において、我々にも関るまた別の問題がある。それについて、場所を改めたい。

by yugikukan | 2008-10-05 13:46 | 演劇 
2008年 06月 07日

入梅の候

遊戯空間の秋公演の演目が泉鏡花作「天守物語」となる。
まだ詳細が決まっていない。いつものことながらこのマイペースぶりは困ったものだ。

今月の29日にはヒデオゼミの10年ぶりの発表会がある。私はそのなかで、昼の部では「隅田川」のワキツレ、夜の部では、素謡「経正」のシテ、仕舞「殺生石」と、七転八倒の一日になりそうである。

二十年弱、観世榮夫先生のもとに通ったその集大成の舞台だ。

能というものは、能楽協会で認定された職分、つまりプロでなければ観客から入場料を徴収してはいけないことになっている。

私たちのその日の舞台は当然のことながら入場無料である。

しかし、そういったことが舞台の良し悪しを決めるのではない。

私としても20年の集大成であり、これからの出発点となる収穫の多い舞台にしたいものだ。


そんな日々のなか、銕仙会の笠井賢一氏より舞台のお話を頂いた。

多田富雄氏と石牟礼道子氏の往復書簡を構成したもので、お二人の新作能の舞囃子も挿入され、観世銕之丞氏はじめそうそうたる出演者が決まっている。私は、世界的な免疫学者で脳梗塞で倒れてからはその体験に想を得た詩や新作能などを発表している多田富雄氏の詩を受け持つ。

現在能のプロデューサーとして活躍されている笠井氏も、元は榮夫先生の薫陶を受けた一人だ。そんな縁もあって、かつて遊戯空間の「曽根崎心中」を演出をして頂いた。

久しぶりの共同作業がとても楽しみだ。
この公演は来月7月21日に、国立能楽堂で行われる。
d0003835_12282448.jpg


by yugikukan | 2008-06-07 11:12 | 演劇 
2007年 07月 31日

草迷宮終了

日曜日、草迷宮が無事?終わりました。

会場はお寺の本堂だったのですが、さすがに130名ほど詰め掛けると、熱気ムンムンです。
初日お客様には、少々ご無理をさせてしまいました。ごめんなさい。

うって変わって二日目は、天然の演出が加わったすばらしいものになりました。

本堂を吹き抜ける風にろうそくの火が揺れ、やがて大雨が降り出しました。クライマックスの場面では、はげしい稲妻。閃光と大音響が加わり、

「大空から指さしたまう星の光は、雷となって壁に閃き、」「涙は降って雨となる」

のせりふに重なり大興奮!

まだ疲れはとれていませんが、とても楽しい公演でした。

後日写真をアップします。お楽しみに。

by yugikukan | 2007-07-31 10:35 | 演劇