人気ブログランキング |

幕間のメモ帳

yugikukan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 15日

アルバムを開いてみたら

【今週の観劇作品】

11月10日(木)ぼっくすおふぃす公演『公園にて』作・演出:神品正子 於:SPACE雑遊 

11月11日(金)U・フィールド+川崎市アートセンター共催<シリーズ太田省吾の世界・完結編>『トラベラー 旅する人々』テキスト:太田省吾、構成・演出:井上弘久、於: アルテリオ小劇場

11月12日(土)テアトル・シネマ + 解体社コラボレーション公演『ホテル・デュ(神)』演出・原案/ズビグニェフ・シュムスキ 『最終生活』構成・演出/清水信臣 於:森下スタジオ



舞台表現はどこに向かっていくのか。今週の観劇作品のかから受けた印象はまずそれだ。
観客。もちろん観客に対しての行為であることは間違いない。
しかし、その観客というものをどうとらえていくのか。
解体社の舞台は、観客というものを制度化された身体(清水氏は人体という)ととらえ、観客の身体の向こう側に透けて見えてくるものに、果敢に働きかけようとする行為にみえた。

太田省吾さんの舞台は、円の養成所に通っていた頃、「千年の夏」「棲家」という二本を見た。また最近では、榮夫先生とのコラボのベケットがあった。おととしは韓国でキムアラ演出の舞台もみた。その太田さんの転形劇場での仕事を引き継いで活動していたu・フィールドのラストステージ。俳優は観客席の後ろに、観客は舞台の奥に太田さんを感じたかもしれない。

新しいグループ、「劇団漕人」の活動が始まる。その初日に合流した。

与えられた場所を自分たちの創造活動の場とするにはどうしたらいいのか、何が必要なのか。
まずそこから考えはじめた。さらに主に西洋の演劇史を俯瞰して、いままで演劇というものはどんなことを行ってきたのかを検証することになった。来週から、まずギリシャ悲劇をリーディングする。
このグループ、皆40代以上のシニアグループで、あまり演劇的なこと知らないのだが、彼らとの活動を通じて、もう一度基本的なことから検証しなおす機会になりそうだ。


アルバムを開いた。生まれた頃から10代までの写真を見た。必要なことがあるので実家から取り寄せたのだ。
もっと懐かしいのではとも思ったが、それほどの感慨がなかった。
なつかしさというのは、まだその世界が自分の記憶の引き出しのわりと浅いところにある記憶に対してわく感情ではないかとも思った。自分の生まれたての写真。これを10代の頃見たときはもっと感動があった。今見るそれらはあまりにも遠い記憶。
そして、別のアルバムに挟んであった20才の頃、デートをした女性とのツーショット写真。その写真を見ても彼女の名前が思い出せない。もう二十年近く、意識しなかった存在だからだ。記憶の引き出しが多くなり、どこにしまったのかわからなくなっていることも多いのだろう。今から会ってみたいというようなことではないのだが、引き出しは探してみようと思う。でも名前は思い出すのに時間がかかるかもしれない。

そんな時、偶然にも高校の同級生から同窓会の連絡がきた。偶然にしては出来すぎた話で驚いた。何しろ、メールをくれたかつての友人は、ここ数日間に、アルバムを開いて記憶の引き出しから出したばかりの存在だったのだ。
私は高校卒業後、転居し演劇の世界にはいって、高校時代の友人とコンタクトを取っていなかったので、私はクラスの中では忘れられた存在だったかもしれない。彼は、遊戯空間のホームページからおとずれてくれた。ネットというものが普及してからこの手の方法で行方の分からなくなったものと再び交流する機会も増えていることだろう。

古いアルバム、同窓会、

自分の中の「時間」が不思議な融合を繰り返しているせいか、微熱が続いている。   

by yugikukan | 2011-11-15 12:09 | 日記
2011年 11月 03日

『神様の鍵束』本番を終えて

【最近の観劇作品】

10月14日(木)TAICHI-KIKAKU 公演『金色の魚~2011年の鎮魂と輪廻~』 於:座・高円寺2

10月23日(日)劇団銅鑼若手自主企画公演『楽屋』作:清水邦夫、演出:村田元史(演劇企画JOKO)、出演:柴田愛奈、福井夏紀、女部田裕子、土井真波、於: 池袋アトリエ第七 秘密基地

10月30日(日)京楽座公演『草鞋をはいて』作:福田善之、演出:福田善之、ふじたあさや、出演:中西和久 ほか、於: 座・高円寺2

10月29日(土)、杜こなての世界 vol.2『神様の鍵束』公演は無事に終了しました。
ご来場くださった皆さん、関係者のみなさん、どうもありがとうございました。

アフロアメリカンの民話をベースに音楽と演劇のコラボレーションとして企画された公演、私は語り部、演技者(男、女、神様、悪魔の4役)に加え、歌を2曲歌うという久々の大車輪で、震災前の2月頃から、稽古をはじめ、ようやく本番にたどり着いたのですが、おかげさまで本番は楽しむことができました。

「本番は」と但し書きがついてしまいますが、それは、稽古中、普段の演劇の現場では、あまり意識していなかった立場の違いによる意見交換のむずかしさを感じたからです。「作曲家」「ピアニスト」「俳優」という三者三様の考え方の違いは、熱の入った意見交換を何度かしましたが、今後の作品作りに生かされることと思います。


さて、ここでも何度か紹介した講師をしている舞台演技クラスの生徒たちが、クラスでの体験をもとに、自分たちで新たなユニットを作って意欲的に活動をはじめました。それがひとグループではなく、複数のグループが同時に活動を始めたのです。皆、頑張ってほしい。微力ながら応援していくつもりです。

シニアと呼ばれる年代の人間が新たな生き方を求めて、演劇を選ぶということは、勇気のいる決断です。
演劇は、経済活動になかなか結びつかないし、特に自分たちの表現を追い求めていこうとすれば、なおさらです。

しかし、若い頃からその道にどっぷりつかるのではなく、ある程度の生活基盤を形成してから、こういった表現活動をするということも、ほかの芸術ジャンル同様、もっと見直されてもいいと思います。

最近では、シニアの演劇祭が開かれるようになり、さいたまでは蜷川氏が劇団を旗揚げしています。

そして、それらは、今まで演劇のみやってきた専門家の仕事を脅かす可能性も秘めているのです。


ところで、来月12月、結婚式を挙げます。人生の一大イベントです。
慣れない準備にあわてています。しかしながら、妻も演劇人ゆえ、結婚式、披露宴にまつわるさまざまなことを演劇に例えると、公演に例えると、などと言いあって、よくふたりで笑っています。

d0003835_23264250.jpg

これは最近我が家に導入された機器です。これで毎朝、血圧を測っています。

朝からかなりの高血圧ぶりに妻はあきれています。

by yugikukan | 2011-11-03 23:29 | 日記