プロフィール

ニックネームyugikukan
自己紹介 遊戯空間主宰篠本賢一のブログ・・・観劇した作品の記録演劇についてなどさまざま徒然に
1961年東京生まれ。「遊戯空間」主宰。俳優、演出家。

本格的に演劇を志したのは20才の時に葉桐次裕演出作品に出演してから。その後、円演劇研究所専攻科を経て、1988年、遊戯空間を旗揚げ、また同年、東京都西多摩郡檜原村の小学校廃校を拠点にした「青童舎」にも参加、児童劇創作に関わり始め、松谷みよ子作『ちびっこ太郎』を演出する。1991年から故観世榮夫に師事、師の亡くなる2007年まで「ヒデオゼミ」で能のメソードを学ぶ。そこでの研修活動が、古典芸能を視野に据えた現代劇創作の理念の礎となる。

2001年、遊戯空間+江古田ストアハウス提携公演『曾根崎心中』(笠井賢一演出)が、第4回日韓アートフェスティバルに招聘され、ソウルにて「徳兵衛」を演じた。それを機に韓国演劇と関わりはじめ、日本演出者協会主催「国際演劇交流セミナー」で、ソン・ジンチェク、イ・ガンペク、イ・ユンテク、キム・ソンニョ、ソン・ソノら多くの演劇人のワークショップ、レク チャーをサポートし、韓国戯曲のリーディング演出も手掛けるようになった。

2005年からは、かねてより親交のあった詩人・和合亮一の現代詩による「詩×劇」シリーズに着手し、現代詩の突出した言語と俳優の身体をコラボした新たな劇空間創出を展開、2011年の震災以後、和合亮一のテキストで作品を毎年発表している。

主宰する遊戯空間では、能狂言、歌舞伎、文楽などの古典芸能、現代口語の基となる三遊亭圓朝、近代において古典への距離を保ち続けた泉鏡花、そして、現代の言葉の最前線を行く和合亮一ら現代詩人の紡ぎだす言葉、それらをテキストにして、文学と身体の関係性を探りながら新たな劇性を求め活動している。

また、アマチュア演劇の指導も精力的に行い、演劇の魅力の拡散に日夜努めている。

演劇の他に、モダンダンスを20才より、クラシックバレエを30才よりはじめ、葉桐次裕創作舞踊研究所、萩谷京子現代舞踊研究所、牧阿佐美バレエ団などの公演にも参加している。

一般社団法人日本演出者協会国際部長、元理事。映画甲子園審査委員。杉並演劇祭審査委員。
年齢56歳
お住まい東京都
職業その他
経歴1961年東京生まれ。「遊戯空間」主宰。俳優、演出家。
ライフスタイル既婚

最近のアクティビティ

まだアクティビティがありません